サポート・コンサルティング

サポート・コンサルティング

サポート・コンサルティング

太陽光発電
経産省 設備認定申請
設備認定申請とは? 太陽光で売電する為に事前に設備の認定を受ける必要があります。
認定基準 法令で定められている要件があります。
必要な準備 土地確保(賃貸契約でも可能)、各定められた様式に必要事項を記入・押印します。
設備認定の申請~認定までの流れ 必要書類が準備出来次第、管轄の経済産業局へ郵送します。(50KW未満はインターネットにて申請)
添付書類として電力会社「接続の同意を証する書類」も必要となります。
不備書類などなければ申請し1~2か月で認定書が届きます。
費用 費用はかかりません。
電力会社 接続検討・契約
接続検討とは? 電力系統と設置する発電設備を接続するにあたり、電圧変動なども考慮した技術的な検討を行います。
50KW以上(高圧・特高圧)については1受電地点1検討につき検討料20万円(税別)が必要となります。
事前確認事項 隣接する電柱番号が必要となります。電力会社電柱が近くにあると工事費用も安くなります。
必要な準備 使用する機器のメーカーの決定・機器の資料、配置図面などが揃っていないと検討が開始できません。
接続検討〜契約までの流れ 受付けから回答までの標準的な期間は3ヶ月(高圧〔500kW未満〕は2ヶ月)となります。
ただし、対策工事の規模などによって、標準的な期間よりもかかる場合があります。
費用 50KW以上の設備では1受電地点1検討につき検討料20万円(税別)が必要となります。
風力発電(20KW未満の小型風力)
経産省 設備認定申請
設備認定申請とは? 風力で売電する為に事前に設備の認定を受ける必要があります。
認定基準 法令で定められている要件があります。
必要な準備 土地確保(賃貸契約でも可能)、各定められた様式に必要事項を記入・押印します。
設備認定の申請~認定までの流れ 必要書類が準備出来次第、管轄の経済産業局へ郵送します。
添付書類として電力会社「接続の同意を証する書類」も必要となります。
不備書類などなければ申請し1~2か月で認定書が届きます。
費用 費用はかかりません。
電力会社 接続検討・契約
接続検討とは? 電力系統と設置する発電設備を接続するにあたり、電圧変動なども考慮した技術的な検討を行います。
事前確認事項 隣接する電柱番号が必要となります。電力会社電柱が近くにあると工事費用も安くなります。
必要な準備 使用する機器のメーカーの決定・機器の資料、配置図面などが揃っていないと検討が開始できません。
接続検討〜契約までの流れ 受付けから回答までの標準的な期間は2ヶ月~3ヶ月となります。
ただし、対策工事の規模などによって、標準的な期間よりもかかる場合があります。
費用 費用はかかりません。
太陽光発電所 売買コンサルティング
取り扱い案件 太陽光又は風力権利・土地 案件、 太陽光又は風力完成出来上がり案件、 等
コンサルティングの流れ 売主様と買主様の要望に沿い、マッチングを行います。
費用 案件毎にご相談させて頂きます。
太陽光発電所 売買コンサルティング
土地関係
地主様打ち合わせ、土地・地域状況確認(事業に適しているか)等
経産省、電力会社申請に合わせ、配置図・単線結線図作成
案件容量により金額は異なりますが、申請のお手伝いをさせて頂きます。
その他お困り事
お手伝いできることであれば何でも行いますのでまずはご相談ください。
PAGE TOP